サービス改善活動

事業者講習会

当組合では、毎年定期的に全事業者を対象とした、お客様への利便及びサービスの向上、
安全へのさらなる意識向上、個人タクシー(事業者)としての心構えの再認識などを 各界の有識者をお呼びして事業者講習会を実施しております。
2017年度は実践女子大学松浦常夫教授による「高齢者ドライバーの安全心理学」及びNPO法人横浜移動サービス協議会岡村理事長による「車椅子利用者から見たタクシーに期待する事、お願いする事」をテーマにご講演をしていただきました。

UD研修会(ユニバーサルデザイン研修会)

D(ユニバーサル)社会の車両のニーズは増加の一途をたどっています。
「特定地域計画」にも掲げられており、タクシーには鉄道やバスの様な大量輸送機関にはない、「ドア・ツー・ドア」輸送のサービスを提供出来るなどの優れた公共機関としての特性があります。
健常者はもちろん、高齢者や身体の不自由な方、お子様連れの方など、いつでも誰でも安心して利用できる移動サービスを提供する役割があります。
全事業者受講対象に2017年11月6日現在で第6回まで開催し、個人タクシー(セダン型)が出来る「UD社会」を目指し、研修内容も、大きく分けて「講義・映像・実践・討論」の4つとなっており、お客様の接遇と介助の講義、実際の車イスを用いて乗降車の演習、グループディスカッションを行い、各グループごとに熱い議論を重ね「心のバリアフリー」化を進めてまいります。

観光講習会(健康・観光ウォーキング)

当組合には「かながわ検定・横浜ライセンス」1級保持者が多数在籍しており、リーダーとして各事業者に講習を行っております。