組合のご紹介

マスターズ制度

優良個人タクシー事業者認定制度(マスターズ制度)は、平成10年12月1日に(社)全国個人タクシー協会が「乗る前に、良質なタクシーを選びたい」という利用者の声に応えるため、車両屋上優良個人タクシー事業者認定制度に「マスター(みつ星)称号」等を提出して、選択性の向上を図っております。
制度参加の事業者は、年1回のマスター認定を目指して「お客様に良質なタクシー・サービスを提供する。」をモットーに自己研鑽に努めております。

制度のしくみ
個人タクシー事業者が自由意志で参加して、最高位であるマスター(みつ星)を目指し、その過程・状況を車外屋上に表示して、お客様に情報提供します。

  • マスター称号

    マスター認定基準をすべてクリアすると認定され、このマスター称号を車両屋上に掲げることを許されます。認定審査は、第三者の有識者で構成された「マスター認定委員会」で行います。
    マスター事業者が、認定基準に抵触するとマスター称号を剥奪されますので、引き続き自己研鑽に努めなければなりません。

  • 制度参加章

    マスター認定までの所定期間(2年間)、屋上に提出します。マスターズ宣言を行ってマスターを目指します。個人タクシー事業者全員がここからスタートします。

制度理念

  • 良質なタクシー・
    サービスを提供

    制度参加者は、マスターズ宣言を行って、常にマスターを目指し、良質なタクシー・サービスをお客様に提供します。

  • 安全・安心な
    個人タクシーの情報を提供

    制度参加者は、マスター称号又は制度参加章を、表示灯に一体的に表示し、安全・安心に利用できることを情報提供します。

  • 最高レベルの
    タクシー・サービスを目指す

    マスターズ事業者は、更新を重ねるごとに研鑽に努め、最高レベルのタクシー・サービスを目指します。

  • 適正な運営により、
    お客様の信頼に応える

    公益法人として、マスターズ制度を適正に運営してお客様の信頼に応えるとともに、制度参加者の自己研鑽と日常営業における活動を支えます。

主な認定基準
下記に抵触する行為又は処分等がないこと

  • 道路運送法等の違反による行政処分
  • 道路交通法の違反
  • 重大事故
  • 適正営業にかかる違反
  • 前各号における旅客又は他の運転手からの苦情
  • その他、前各号に準ずる行為又は処分等